麻布食堂@西麻布/評判の絶品オムライスは健在!!

By | 2016年8月6日

西麻布から日赤通りに抜ける路地の途中にあります。

まず、この店はメディアでも取り上げられるようにオムライスが有名です。ここのオムライスは皆様が書いているように本当にシンプルかつ王道なオムライスだと思います。ランチは通常1,200円が980円と1,000円アンダーでいただけます。大盛りにしても1,200円とかなりお得です!

IMG_8014

ランチは他にもハンバーグ・ミンチカツ・カニコロッケ・ハヤシライス、少し高いですがリブステーキなどがあります。

以下は私が食べたの事があるメニューの感想です。

まずはオムライスです。

IMG_8023

ソースは3種有り、ケチャップソース・デミグラスソース・ホワイトソースがあります。個人的にはデミグラスソースですが、周囲を見たら半分ぐらいはケチャップです。ここは分かれるところでしょうね。隣のカップルではケチャップとデミグラスソースをシェアしていました。それぐらい分かれるという事なのでしょう。

見た目はがっちりとした昔ながらのオムライスです。でも実はスプーンを入れるとしっとりと柔らかい食感で、卵はフワッフワッなのです。ふんわり厚みがあるけど硬くない、しっかりフワッとした感じです。写真でも想像できないかと思います。これがなんとも不思議なのですが絹のようになめらかな卵焼きみたいです。銀座のたいめいけんや浅草のグリルグランドのオムライスとは見た目対局です。

チキンライスの具は、鶏肉の他に玉葱ぐらいかと思います。ピーマンは入ってなかったような気がします。そして、デミグラスソースは、濃くなくあっさりと醤油ベース?という感じで主役のオムライスを引き立てており、どんどん食べ進められます。コクやバター感というよりオムライスを主張したいが為に、あえて控えめにしていると感じるぐらい計算されている一品だと思います。確かにファンが多くメディアや有名人からも絶賛される理由だと思います。

ハンバーグは肉肉しい噛みごたえのあるハンバーグというより、昔ホテルで食べた懐かしいハンバーグ、そんな感じです。肉で主張するよりトータルで評価される美味しいハンバーグです。

IMG_8018

メンチカツは肉汁がびっくりするほど溢れます。こちらも懐かしい味ですが、この大きさでこの肉汁、あまり出会ったこと無いです。

IMG_8020

 

そして、ここのビールは本当に美味しいです。洋食とビール、実はビールでがっかりという店もありますが、ここは大丈夫です。

IMG_8025

 

西麻布の交差点から徒歩7分ぐらい、どの駅よりもアクセスは不便ですが、ここの洋食はギラギラな洋食ではなく日本人に愛される上品で繊細な洋食、なかなか無い店だと思います。また店内は広く席間がとってあり、ゆったりと食事できます。

IMG_8026

夜のメニューです。

IMG_8027

 

夜のメニューも高くなくコストパフォーマンスに優れていると思います。

IMG_8028

麻布食堂 直近は2016年8月訪問

東京都港区西麻布4-18-1 麻布ウェストB1F

03-3409-4767