赤坂飯店 本店 /著名人が通う老舗高級中華の驚愕の1,000円ランチ!!

By | 2016年9月21日

赤坂見附近くに古くから続く中華料理店。

少し古いビルの3・4階にあり、装飾物が昭和の香りを醸し出しています。

安部首相が通う老舗中華らしいです。(見たことはないです)

ランチ時はかなり混み合い、8割ぐらいが男性サラリーマンです。

席数もかなり多く、四川・北京・上海と豊富にあるので大勢での会食に重宝します。

ランチの定食は1,000 ご飯、スープ、杏仁豆腐つき

1 麻婆豆腐

2 回鍋肉

が基本で、3種が日替わりになります。

豚肉四川風炒め、鶏肉とかぼちゃ炒め、海老と五目うま煮、など。

昼のメニューは他にも豊富にあります。

ここでのお薦めは宮保担々麺(クンポータンタンメン)です。大勢の人が宮保担々麺か麻婆豆腐を選んでいるような気がします。

%e8%b5%a4%e5%9d%82%e9%a3%af%e5%ba%97%e3%81%ae%e5%90%8d%e7%89%a9%e5%9d%a6%e3%80%85%e9%ba%ba

見た目はやや赤めで辛そうな感じです。

熱々のスープを一口いただくと、見た目通り山椒よりも唐辛子や辣油の辛さが強いです。

比較的辛い部類だと思います。

胡麻の風味もかなりあって、辛さとクリーミーさがよく絡み合って濃厚な深みのあるスープです。

どちらかというと、全体的には辣が際立って胡麻がサポートしているという感じでしょうか。

麺は平打ちのやや太麺で濃厚なスープによく合います。

若干「麻」が弱めですが、「辣」がやや強めながらも胡麻のクリーミーさが共存し、香り豊かな汁有り担々麺です。

上品なホテルの高級中華で食べる日本風な担々麺のように上品でマイルドでありながら、辛さが引き立っているのが特徴です。

1,000円で完成度の高いこの担々麺はかなりコスパいいんじゃないでしょうか?

夜は、赤坂の接待をメインにした高級中華になりますので、お得なランチ、是非オススメです!

 

赤坂飯店 本店 (アカサカハンテン)

03-3583-8388

東京都港区赤坂3-10-1 対翠館ビル 3F・4F