厳選!東京の本当に美味しい肉!美しい肉8選後編

By | 2016年10月22日

食欲の秋到来!!

食欲といえば、肉!肉!肉!!

ということで、今回のテーマは「肉」です。

 

「厳選!東京の本当に美味しい肉!美しい肉8選後編」

 

「dancyu」の10月号の「肉特集」を参考にさせていただき、何回かに分けて記事を紹介して行きたいと思います。

すべてのお店は「dancyu」の10月号に掲載されているものばかりですので、信頼できる店ばかりです。

第2回目は

「美しい肉8選後編」

です。ぜひ、楽しんで読んでみてください!!

 

 

%ef%bc%91%e2%88%92%ef%bc%91

店主はナポリピッツァの大会でアジアチャンピオンに輝いたピッツァ職人。

そのピザ釜の薪で倉石牛のランプ肉を仕上げてくれます。

まずは、フライパンとオーブンで段階的に火を入れながら脂を極限まで落として旨味を凝縮させ、仕上げに薪釜へ入れます。そうすることで香り豊かになり、味わいもみずみずしくなるとのこと。ワインも自然なもの中心で揃っています。

%ef%bc%91%e2%88%92%ef%bc%92

 

 

%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%92

シャルキュトリーと燻製料理を中心とした肉食系骨太カジュアルフレンチです。

ブシュリー(お肉屋さん)とある通り、フードメニューはベーコンやソーセージといった加工肉料理から、牛ハツのロースト、牛ハラミのステーキなどといったマニアックな内臓料理まで、お肉料理が中心

。特に低温でピュアな旨さが引き出された「牛ハツのロースト」は生でも食べられるハツを使用、脂肪がほとんどなくサクサクとした食感と深みのある味わいが特徴です。

%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%91

 

 

%ef%bc%93%e2%88%92%ef%bc%93

日本にもほんのわずかしか輸入されない希少ブランド牛「フルール・ド・オーブラック」。

まったくと言ってよいほどサシのないきめ細やかな肉質のステーキは絹のような柔らかさで、洗練された牛の旨味が口の中に広がり華やかな香りが鼻へと抜けていきます。

3日間かけて煮込んだ牛ばら肉と赤ワイン煮込みや黒毛和牛と塩麹を使ったロッシーニハンバーグなど、お肉料理も充実しています。

%ef%bc%93%e2%88%92%ef%bc%92

 

 

%ef%bc%94%e2%88%92%ef%bc%92

7月から店のメニューから魚を外し、肉尽くしコースを始めたとのことです。

前菜から5品肉料理が続きます。獣・鳥・ジビエなど、様々な調理法で提供されます。

シェフは有名な精肉店「ユーゴデノワイエ」でも修行を積んだことがあるらしい、まさに肉の聖地です。

%ef%bc%94%e2%88%92%ef%bc%91

いかがでしたか?

さすが、dancyuの店選びは素晴らしいですね。

お肉は、いっぱい食べても太らないとか・・・

ぜひ、出かけてみてください!!

※出典 https://tabelog.com

https://retty.me

最後まで見ていただき、ありがとうございました!!

こちらのサイトではいろんな雑誌の特集を調査しています!!

是非、みてくださいね!!

http://buzzfat.net/