東京ワイン新12景前編

By | 2016年11月14日

今夜はどこで飲もう?

迷うくらい東京のワインの風景はジャンルレス。

dancyuの12月号のタイトルは

「わいわいワイン」」

その中の特集

「東京ワイン新12景」

の情報を調査してお届けしようと思います。

1回目は前編6景です。

 

 

モダンフレンチながら、ワインのスタイルも店のスタイルも自由。フレンチのベースを守りながらも、コースでもアラカルトでも、バー使いでもOK。

ワインは自然な造りのものを中心に常時40種を抜栓。世界各国から選ばれたものを飲み手と料理の相性を伺いつつサーヴィング。
%ef%bc%91%e2%88%92%ef%bc%92

%ef%bc%91%e2%88%92%ef%bc%93

 

 

店名はイタリアで陽気な男につけられる愛称らしい。イタリア各州のナチュラルなワインと手打ちパスタを柱にした骨太なイタリア酒場。

グラスワインは毎日通える店にしたいからと500円のものを必ず1本は用意するらしい。

オーナーは開業前に半年かけてイタリアの40の生産者を訪ねたという。生産者のテロワールへのこだわりが伝わってくるほどイタリアにいるかのような雰囲気は偽りのない店の魅力といえる。

%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%92

%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%93

%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%91

%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%94

%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%95

 

 

ビルの谷間にあるトレーラーハウスは約1年の期間限定店。料理はステーキとホットドッグで合わせるワインはナチュラルワインがメイン。グラスで6〜7種類を常時置いているので、ついつい全制覇したくなる。

%ef%bc%93%e2%88%92%ef%bc%93

%ef%bc%93%e2%88%92%ef%bc%91

%ef%bc%93%e2%88%92%ef%bc%92
%ef%bc%93%e2%88%92%ef%bc%94

%ef%bc%93%e2%88%92%ef%bc%95

 

 

高級リストランテを展開し、イタリア郷土料理を現代的に表現したコース料理で人気を博す、サローネグループの新業態はシチリアの郷土料理。

一皿のボリュームが2〜3人前のボリュームのものも。

生パスタの麺は浅草開化楼と共同開発。

各料理にはそれに合うグラスワインを併記。イタリアのナチュラルワインはハーフサイズのグラスからいただけるので、量を多く飲めない人も色々試すことができる。

%ef%bc%95%e2%88%92%ef%bc%91

%ef%bc%95%e2%88%92%ef%bc%92

%ef%bc%95%e2%88%92%ef%bc%93

%ef%bc%95%e2%88%92%ef%bc%94

%ef%bc%95%e2%88%92%ef%bc%95

 

 

フランス修行の後半をサンセールで過ごしたシェフはアバ(内臓)料理中心。そして、料理はサンセールを美味しく飲むために作っているという。

サンセールとはフランスのほぼ真ん中に位置するロワールの銘醸地。白はソーヴィニヨンブラン。赤はピノノワール。

%ef%bc%96%e2%88%92%ef%bc%91

%ef%bc%96%e2%88%92%ef%bc%92

 

 

スイーツとワインをじっくり楽しめる店。

ソルベ、果物のコンフィなどパフェに使う素材は手作り。

料理よりスイーツの方が種類が多く5〜7種類。グラスワインは6種類と数は多くはないが、ヴァンナチュールが中心でバッチリとスイーツに合わせた一杯を勧めてくれる。

%ef%bc%97%e2%88%92%ef%bc%91

%ef%bc%97%e2%88%92%ef%bc%92

※出典 https://tabelog.com

https://retty.me

最後まで見ていただき、ありがとうございました!!

こちらのサイトではいろんな雑誌の特集を調査しています!!

是非、みてくださいね!!

http://buzzfat.net/