瑞兆@大阪堂島ホテル/惜しまれながらも閉館の絶品麻婆豆腐

By | 2017年2月15日

2016年末をもって32年間の歴史を閉じた堂島ホテルの地下にあった有名な中華料理です。

日本における四川料理の祖、陳 建民の精神を受け継いだ、四川料理がいただけ、ランチには絶品の麻婆豆腐がいただけたのですが、残念ながら閉館となりましたので、閉まる前に行ってきました。

こちらはオーダービュッフェも人気ですが、ランチは特製土鍋麻婆豆腐、特製担々麺が名物です。ともに1300円。

注文してからスープが来ますが、そこからは結構時間がかかります。20分以上待ったと思います。

熱々の特製土鍋麻婆豆腐が登場。

真っ赤なテーブルに、土鍋に入った赤い麻婆豆腐が印象的です。

土鍋なので熱々です。やはり熱々が一番です!!

陳 建民直伝の四川ということで、最初に辛さはきますが、激辛というほどでもなく、ジューシーで旨味が染み込んだ挽き肉や豆豉の旨味・豆板醤の酸味など凝縮した味わいと唐辛子の「辣」のダイレクトな辛さが調和した上品な麻婆豆腐です。後で追ってくる山椒の痺れの「麻」がさらに深みを持たせてくれます。

ぜひ、もう一度食べたいです。おそらく何処かで食べることができると期待しています。次回はそんな堂島ホテル中国料理瑞兆の前料理長が独立して大阪北新地で店を構えている人気の麻婆豆腐ランチをご紹介する予定です。

 

中国料理 瑞兆 (チュウゴクリョウリズイチョウ)

このお店は現在閉店しております。

大阪府大阪市北区堂島浜2-1-31 堂島ホテル B1F

中国料理 瑞兆中華料理 / 渡辺橋駅北新地駅大江橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6